えのきの栽培

えのきってどうやってつくるの?

えのきの栽培は、他のきのこと同様、まずは培地(植物でいううところの土にあたります)作りから始まります。とうもろこしの芯などで上質の培地を作り、徹底的に栽培したところに種菌を植え付け、約28日間に渡って培養。発芽した後は室温を下げて芽の伸びをを抑え、芽数を増やすように調整しながら、さらに室温を下げて育成を管理し、同時に傘ができるだけ大きく育つように工夫します。ある程度育ったえのきは、まっすぐ伸びるように周囲に紙を巻き、傘の大きさを整えながら丁寧に栽培。収穫までの一連の工程に必要な日数は約2カ月です。

 

1.培地調合

培地調合 ビンの中に詰める培地(土)を混ぜ合わせます。

2.詰込み

詰込み 培地をビンに詰めてフタをします。

3.殺菌

殺菌 カビなどの害菌を高温・高圧で殺菌しますので、農薬は必要ありません。

4.接種

接種 えのきの菌は、とってもデリケート!他の菌(害菌)が入らないようきれいな部屋で行います。

5.培養

培養 菌が付けられた瓶は28日間培養されます。えのきの菌糸をビン全体に繁殖させます。

6.菌掻き

菌掻き ビン口培地の古い菌糸だけを除去し、水を与え、えのきの発生を促します。

7.発芽

発芽 えのきの芽を出させます。

8.ならし

ならし 温度を下げて、芽の伸びを抑えながら、芽数を増やしていきます。

9.抑制

抑制 さらに温度を下げて芽の伸びを抑え、芽数を増やしながら、傘を大きくしていきます。

10.紙巻き

紙巻き えのきがまっすぐ伸びるように紙巻きをします。

11.生育・収穫

育成・収穫 傘の大きさを整えながら、ゆっくり育てる最終工程です。そして1本1本、丁寧に収穫します。

12.包装

包装 その日のうちに包装して出荷します。

インフォメーション

有限会社小林この子産業

〒830-0423 福岡県三潴郡大木町大薮1027番地
電話番号:0944-32-1403
交通アクセス
九州自動車道八女ICから車で約20分 | 福岡市内から車で約90分 | 西鉄大牟田線蒲池駅から歩いて約20分